FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
この時期に行政書士を受けるべく勉強する
旧司法試験受験生も結構いると思う。

自分も昨年受験して、合格した。

効率の良い勉強の仕方について思うところを、
「生意気だよおまえ」という声に耳栓をして
述べてみようと思う。
専ら旧試験受験生を念頭において。
以下、私見です。


1 旧試験受験生が有利なポイントとそうでないポイント

 ①憲法、民法、商法・会社法は当然有利。
  ただし全部出来ると思わないほうがよい
  〈昨年の例〉
  ・住所
  ・合併の条文知識
  ・商行為の条文知識

 ②行政法も有利。
  行政法のテキストを読めば分かると思うが、
  テキストの最初の方は憲法の話。
  行政事件訴訟法は民訴の応用なので断然理解が早いはず。
  ただし暗記が多いので要注意。

 ③一般教養
  有利な部分=文章理解
   →択一憲法の長文読解モノを思えば簡単
  有利でない部分=その他

2 方針
 去年自分がとった方針を例に挙げる。
 (行政書士試験に足きりがあることなどの詳細は割愛する〉

 自分は、法律で稼いで一般教養は足きりを免れようと考えた。
 ⑴ そこで
  ①法律は行政法のみ勉強する
  ②一般教養の参考書を一読する  
   という二つの小さな方針を立てた。

 ⑵ 方針①はある程度成功し、部分的には失敗。
   成功といえたのは、概念や判例の理解。
   公務員受験用の問題集を一周したのが役立った。
   失敗だったのは条文を読まなかったこと。
   (条文を知ってるかが問われただけという問題が頻発)
   
   今なら、
   あれを読んで、こうしてれば・・・
   と思う方法があれこれ思いつくが、今となっては
   後の祭りです。

 ⑶ 方針②は、何もしないよりはマシだろうと思っただけ。
  でも結果的にバッチリ役立った。
   
   ただし一般教養は
   「足きりに遭わなければよし」
   という方針で行くのがよいと思う。
   本格的な対策など立てようがない分野なので。

   今思うと、総務省ホームページは
   一般教養で出るようなことがてんこ盛りだと思う。

   まあ、地方分権の流れがスラスラ説明できたり
   e-japan戦略→u-japan戦略とか
   年金の仕組みが解説できちゃうくらい
   余裕だって言う人は、対策不要じゃないでしょうか。

3 過去問をどうするか、
  行政法をどれくらい、どのように勉強するのか等については
  また後日。
  とくに要望もなさげであれば、
  このままフェードアウトということで。
スポンサーサイト

テーマ : 司法試験・資格試験・語学試験 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 旧司法試験過去問やっときます all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。