FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
「身分なき共犯」
この言葉が新聞紙に盛んに掲載されていましたね。
司法試験受験生にとっては常識的な刑法65条。
おそらく、「65」という数字を聞くと瞬時に、
1項が真正身分犯、2項が不真正身分犯の成立及び科刑(判例)
1項の「共犯」には共同正犯も含む
事後強盗罪をしたものに暴行だけ加担する事案だとめんどくさい
等の情報が瞬時に浮かんできますよね。

この度の防衛省元次官とその妻の事案では、どうやら奥さんを是非とも正犯として立件したいんじゃないかという気がします。


話はコロッと変わりますが、きょうの新聞で、専門委員(知的財産担当)を務める弁理士さんの論説を読みました。プリンタ製造会社の純正インクカートリッジを再利用している業者の行為が著作権侵害だとされた最高裁判決に関連するものです。
特許権についての法律論を超えて、環境をも視野に入れて論じたもので、示唆に富むものでした。

今後は、法律家が知的財産法を知らないなんて許されなくなるでしょうし、この機会にいろいろ勉強しとこうと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 旧司法試験過去問やっときます all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。