DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
必要に迫られて、破産法を勉強している日々です(自己破産しようとしているわけではありませんw)

旧司法試験の科目ではないですが、

これを勉強しないで実務家としてやっていけるわけがない、そんな法律。

にもかかわらず、

否認

別除権

支払停止

とかいう超基本的な概念ですら、
何のことか理解できない有様だったわけです(恥)

別除権については、民事留置権と商事留置権の違いとして「暗記」してはいたけど、

もっと具体的に効果を聞かれたら、まったく回答不能でした。


最近、やっと基本概念が定着してきたので、

さらなる発展を図るべく、こんな本を読み始めました。



これは本当に面白いです。

というより、

民法の理解がいい加減だったことにこれでもかというほど気付かされました。

委託を受けた保証人の事前求償権を破産者に行使するってどういうこと?

債権者取消権は債権者平等の原則をゆがめているが、その先は・・・


などなど、破産法の勉強のつもりが、民法の勉強になってしまったのでした。

なお、この本、各章末に、旧司法試験破産法の問題が改正破産法対応で載ってます。

載っていても、たぶん書けないけど(苦笑)

ロースクール生なんかは、破産法は試験科目でもあるので、読んでる人がいるかもしれないですね。
スポンサーサイト
コメント

さすが実務的ですね!生きた世界で法律を使えるのは羨ましい限りです。その本、時間できたら読んでみますね。なんか面白そう。いよいよ三月です。予定より遅れてますが、コツコツ基本を見直してます。ほんと初期にやってたことばかりの知識整理です。こんとき、希望に満ちあふれ勉強たのしかったな~。でも解ってるつもりでも、答案に書けないことが多いのにア然としつつ進めています汗。択一もはじめなきゃな~。
仕事はどうですか?時間作るの大変だと思いますが、頑張ろうね!

>m
コメントどうもです。
この本は、実務家ではなく学者が書いたものなので、実務的な面を知ろうとしても難しいと思います。破産法を勉強するときに、民法の基礎知識と関連付けることができれば、より理解が深まるという趣旨で書かれた学術本だと思います。
択一も始めないといけませんね。今年は、去年にもまして択一レベルの知識が劣化しているので。
ま、慌てずに、基本重視でコツコツやりましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 旧司法試験過去問やっときます all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。