DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:平成13年度
甲は,酒癖が悪く,酔うと是非善悪の判断力を失い妻乙や二人の間の子供Aに暴行を加えることを繰り返しており,そのことを自覚していた。甲は,ある日,酒を飲み始めたところ,3歳になるAが台所で茶わんを過って割ってしまったことを見とがめ,Aの顔を平手でたたくなどのせっかんを始めた。甲は,しばらく酒を飲みながら同様のせっかんを続けていたところ,それまで泣くだけであったAが反抗的なことを言ったことに逆上し,バットを持ち出してAの足を殴打し重傷を負わせた。甲は,Aが更に反抗したため,死んでも構わないと思いつつAの頭部をバットで強打し死亡させた。乙は,その間の一部始終を見ていたが,日ごろAが乙にも反抗的態度をとることもあって,甲の暴行を止めようとはしなかった。甲については,逆上しバットを持ち出す時点以降は是非善悪の判断力が著しく減退していたとして,甲及び乙の罪責を論ぜよ。
答案メモ

1 甲の罪責

・殺人成立するが心神耗弱なので減軽される→法感情に反する
・原因において自由な行為の理論の適用の可否が問題
 責任の本質から規範定立
 ①原因行為から結果行為まで意思が連続
 ②原因行為との相当因果関係
・あてはめ
 原因行為時は傷害のつもりだったのが
 徐々に殺人の故意へと発展
 殺人の意思が連続していたといえない
 原則どおり減軽しかない

2 乙
・幇助の成否
・作為義務違反があれば成立
・いくら弱い女性で静止は無理でも救助等の作為に出ることは可能
成立

責任の本質(意思決定か、行動制御か)について正確に書けばよい。
反対説かいてなくてもAあり
スポンサーサイト

タグ : 旧司法試験 論文 刑法

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 旧司法試験過去問やっときます all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。