FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:平成10年度
甲は、愛人と一緒になるために、病気で自宅療養中の夫Aを、病気を苦にした首つり自殺を装って殺害する計画を立てた。そこで、甲は、まずAに睡眠薬を飲ませ熟睡させることとし、Aが服用する薬を睡眠薬とひそかにすり替え、自宅で日中Aの身の回りの世話の補助を頼んでいる乙に対し、Aに渡して帰宅するよう指示した。睡眠薬の常用者である乙は、それが睡眠薬であることを見破り、平素の甲の言動から、その意図を察知したが、Aの乙に対する日ごろのひどい扱いに深い恨みを抱いていたため、これに便乗してAの殺害を図り、睡眠薬を増量してAに渡した。Aは、これを服用し、その病状とあいまって死亡した。Aが服用した睡眠薬は、通常は人を死亡させるには至らない量であった。
 甲および乙の罪責を論ぜよ。
1 乙
 因果関係
 折衷説
 病気の認識あり→基礎に入れる→相当
 殺人成立

2 甲
 客観的にしたことは、殺人の教唆
 主観は、一連の行為によって殺人(正犯)
 錯誤の問題
 軽い殺人の教唆成立

乙が増量までしているので死の結果の帰責は乙。
甲のやろうとしていたことをどう認定するかがむずかしいところ
でも、難しいところであり基本ではないので、
それなりに理由をつけて書いてあれば。
スポンサーサイト

タグ : 旧司法試験 刑法 論文 過去問

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 旧司法試験過去問やっときます all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。